北欧のビンテージ食器や陶器、ガラス、チーク木製品、ランプや時計などのインテリアを販売

新着情報


北欧ビンテージをご購入頂いたお客様の声


ひびのこと


メディア掲載情報

ARABIA アラビア
RORSTRAND ロールストランド
GUSTAVSBERG グスタフスベリ
DANSK ダンスク
marimekko マリメッコ

KAJ FRANK カイフランク
カイ・フランク

Marianne Westman<br />
 マリアンヌ ウエストマン
マリアンヌ・ウエストマン

LISA LARSON リサ ラーソン
リサ・ラーソン

WALTER BOSSE ウォルターボッセ
ウォルター・ボッセ

Bjorn Wiinblad ビヨン ウィンブラッド
ビヨン・ウィンブラッド

お問い合わせ先
ホームWalter Bosse ウォルターボッセ > 陶磁器 CERAMICWalter Bosse ウォルター ボッセ ネコのフィギュア
商品詳細

Walter Bosse ウォルター ボッセ ネコのフィギュア[VN160-10502]

[売り切れました]
お客様の声




ウォルター・ボッセ( Walter Bosse )デザインのマジョリカ

焼きのネコのフィギュアです。

素焼きの上にうすいグレー色の絵付けをし、胴体は淡い黄色、

耳や尾は茶色、目の周りはグリーン系の色合いでデザインさ

れ、その上から光沢のある釉薬が塗られています。ウォルタ

ー・ボッセの作品の中ではたいへん珍しいフィギュアで、独

特の感性でデフォルメされたネコに、ボッセの世界観が表現

されています。

1953年から30年余り、ボッセは、カールスルーエ(Karlsruhe)

のステート・マジョリカ・ワークス(State Majolica Works)と

共に陶製のフィギュアもつくり続けており、その代表作がこの

表面にグレイズ加工がほどこされた作品です。グレイズ加工と

は、わざと貫入を目立たせ、柄として作品に取り入れた技法で、

数種類の動物のフィギュアが製作されています。素焼きの部分

を輪郭として出すことによって、かわいらしさが増しています。

また、貫入が入っていることにより、きれいなコンディション

の物が少なく、チップの無いものは稀ですので稀少な作品とい

えます。

このデザインのネコのフィギュアは、ドイツ、オーストリア国

内でもほとんど見ることがなく、担当バイヤーも初めて実物を

見たたいへん珍しい作品です。当店には初めての入荷になりま

す。

裏面の刻印は年代やシリーズによって入っているものと、入っ

ていないものがありますが、このフィギュアにはナンバーが入

っています。


○マジョリカ焼き

マジョリカ焼きとは、当時、イタリアがスペインのマジョリカ

(マジョルカ)島より輸入していた陶器を模倣したことにはじ

まり、ルネサンス期までに多くのマジョリカ焼きの窯が、ヨー

ロッパ各国につくられました。

その陶製法は、乳白色の釉薬を使用するため、やわらかい表情

の表面を生み出すことができ、一般的なマジョリカ焼きに関し

ては、色鮮やかなデコレーションが特徴的です。

ドイツのマジョリカ焼きは、工業都市でもあったカールスルー

エ(Karlsruhe)を中心に発展し、現在はボッセが作品を制作した

ステート・マジョリカ・ワークス(State Majolica Works)のみ

が現存しています。


○Walter Bosse(ウォルター・ボッセ) ウィーン 1904-1979 

1918年から1921年の間、Wien school of the art and craftで

ミヒャエル・ポヴォルニー(Michael Powolny )や、フランツ・

チゼック(Franza Cizek)に師事し、陶芸を学びます。

1923年にはドイツとの国境の町、オーストリアのクフシュタイ

ン(Kufstein)で工房を開き、作品づくりに没頭しました。こ

こで生まれた作品が、Bosseの初期の作品、"グロテスク・フィ

ギュア"シリーズです。

1927年からは、メッツラー&オルトロフ・オブ・イルメナウ(M

etzler & Ortloff of Ilmenau)との協力により、色鮮やかで表

情豊かな作品を多く生み出しました。動物のフィギュアが多く

なってきたのもこの頃で、愛嬌たっぷりの動物たちは、その年

代のものとは思えないほど洗練されています。この頃の作品は、

残存しているものが少なく、必然的に価値の高いものになって

います。

1950年、今ではBosseの代名詞ともなった真鍮製のフィギュアの

製作を、Bosseに師事していたヘルタ・バラー(Herta Baller)の

協力を得て開始します。インテリアと実用性を意識した作品を

数多く発表しました。

1953年以降も、ドイツの工業都市、カールスルーエ(Karlsruhe)

にある、ステート・マジョリカ・ワークス(State Majolica Work

s)と共に陶製のフィギュアもつくり続けていました。度重なる訴

訟問題や抱えた負債などで、順風満帆とはいかなかったウォルタ

ー・ボッセの人生ですが、それに反比例するような幸福に満ちた

フィギュアを数多く残しました。

1979年没後、Bosseのフィギュアは再評価され、ウィーンで真鍮製

品の復刻品が製作されています。また、この復刻により、型によ

り同じ作品でもデザインや大きさが違う事が明らかになっていま

す。





【コンディション】

 ★★★★★ 

 ビンテージ品にしては、たいへんきれいな状態です。

【ビンテージ品に関してのご注意】

 当店では、分かりやすく5段階でコンディションの評価をしておりますが、
 長い間、使われてきたビンテージ品ということをふまえての、評価になっ
 ています。説明に無い小傷などがある場合もございますので、ビンテージ
 品であるということを、あらかじめご理解頂いた上で、ご注文下さい。

【商品画像の色合いについて】

 商品画像の色合いは、商品本来の色合いに近い色になるよう調整して
 いますが、ご覧になるモニターによっても色合いが変わります。ご心配
 のある場合は当店までお問い合わせください。


【生産国】ドイツ

【メーカー】ステート・マジョリカ・ワークス(State Majolica Works)

【デザイン】ウォルター・ボッセ( Walter Bosse )

【素材】陶器

【サイズ】正面から見た幅 7.5cm 横から見た幅 8.5cm 高さ 15cm

【重量】200グラム


北欧雑貨、北欧アンティークの anTennaのご利用について

メディア掲載情報

お支払いについて

配送時間について

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス