KIENZLE 真鍮製のアンティーク置き時計 [VM190-20403]

KIENZLE 真鍮製のアンティーク置き時計 [VM190-20403]
売り切れました

商品詳細

お客様の声




ドイツ、KIENZLEの真鍮製の置き時計です。

もともとは1960年代の電気式の時計で、厚い真鍮フレームに樹脂製

のカバーが収まり、中にアルミ製の文字盤が配されています。土台

も真鍮製ですので見た目よりもずっしりとした重みがあり、懐かし

い雰囲気が伝わってきます。

ムーブメントはセイコープレシジョン製クウォーツ(新品・中国製

・単3電池・平均月差±20秒以内)に交換済みですので、インテリ

アとしてだけではなく、毎日の生活の中での”時計”としてお使い

頂けます。


○ Kienzle(キンツレ)ドイツ 1822年

1822年にヨハネス・シュレンカー(Johannes Schlenker)がドイツ

のシュベニンゲンで時計工場を設立しました。その後、3人の息子

が工房を引き継ぎ、年間2000台以上を生産する時計工場に成長して

いきます。

1883年、ジェイコ ブ・キンツレー(Jakob Kienzle)が、 シュレン

カー家の娘と結婚し工場の一部を与えられ、ヨハネスの孫にあたる

カール・シュレンカー(Karl Schlenker)とS&K社(Schlenker & KI

ENZLE シュレンカー&キンツレー)を設立し、共同経営します。

1908年頃には、フランス・イギリス・イタリアにも工場を持ち、輸

出に力を入れていきます。

1919年、社名を KIENZLEに変更し、1929年にThomas Hallerを買収、

その後も規模を拡大していきました。 

1997年に香港の企業に買収されましたが、現在は再びドイツの企業

として活躍しています。



【コンディション】

 ★★★★☆

 ビンテージ品にしては、きれいな状態です。
 詳しいコンディションの内容は、画像に表示されています。

【ビンテージ品に関してのご注意】

 当店では、分かりやすく5段階でコンディションの評価をしておりますが、
 長い間、使われてきたビンテージ品ということをふまえての、評価になっ
 ています。説明に無い小傷などがある場合もございますので、ビンテージ
 品であるということを、あらかじめご理解頂いた上で、ご注文下さい。

【商品画像の色合いについて】

 商品画像の色合いは、商品本来の色合いに近い色になるよう調整して
 いますが、ご覧になるモニターによっても色合いが変わります。ご心配
 のある場合は当店までお問い合わせください。


【生産国】ドイツ

【メーカー】KIENZLE(キンツレ)

【製造年代】1960年代

【素材】カバー:樹脂 フレーム・土台:真鍮 文字盤:アルミ 裏面:アルミ

【サイズ】幅 16cm 高さ 16cm 奥行 5.5cm 

【重量】430グラム