KIENZLE 陶器の壁掛け時計 [CVM200-40607]

KIENZLE 陶器の壁掛け時計 [CVM200-40607]
売り切れました

商品詳細

お客様の声




ドイツ、KIENZLE製の陶器の壁掛け時計です。


1950年代から1960年代ころの特徴的なフォルムが

とても新鮮で、この年代の時計はゼンマイ式ムー

ブメントを使用し、ひとつひとつ丁寧に作られて

いた手仕事感が細部を見るたびに伝わってきます。


文字盤のふさがれた鍵穴は、鍵を使ってムーブメ

ントを回していた古き良き時代を思い起こさせ、

真鍮製のフレームやガラス製のカバーは古い年代

の時計ならではです。


文字盤のフォントやサイドの淡いブルーの色合い

と相まって、全体的にレトロな雰囲気が伝わって

きます。


この時計は、その役割を終えた古いムーブメント

を交換し、約60年前の時計を普段使いできるよう

にしています。


ムーブメントはセイコープレシジョン製クウォー

ツ(新品・中国製・単3電池・平均月差±20秒以内

)に交換済みですので、インテリアとしてだけで

はなく、毎日の生活の中での”時計”としてお使

い頂けます。


これからまた何十年とお付き合い頂きたい、実用的

なアンティーク時計です。


○ Kienzle(キンツレ)ドイツ 1822年

1822年にヨハネス・シュレンカー(Johannes Schle

nker)がドイツのシュベニンゲンで時計工場を設立

しました。

その後、3人の息子が工房を引き継ぎ、年間2000台

以上を生産する時計工場に成長していきます。

1883年、ジェイコ ブ・キンツレー(Jakob Kienzle)

が、 シュレンカー家の娘と結婚し工場の一部を与え

られ、ヨハネスの孫にあたるカール・シュレンカー

(Karl Schlenker)とS&K社(Schlenker & KIENZLE

 シュレンカー&キンツレー)を設立し、共同経営

します。

1908年頃には、フランス・イギリス・イタリアにも

工場を持ち、輸出に力を入れていきます。

1919年、社名を KIENZLEに変更し、1929年にThomas

Hallerを買収、その後も規模を拡大していきました。 

1997年に香港の企業に買収されましたが、現在は再び

ドイツの企業として活躍しています。



【コンディション】

 ★★★★☆ 

 ビンテージ品にしては、きれいな状態です。
 詳しいコンディションの内容は、画像に表示
 されています。

【ビンテージ品に関してのご注意】

 当店では、分かりやすく5段階でコンディシ
 ョンの評価をしておりますが、長い間、使
 われてきたビンテージ品ということをふま
 えての、評価になっています。説明に無い
 分かりずらいキズや汚れがなどがある場合
 もございますので、ビンテージ品であると
 いうことを、あらかじめご理解頂いた上で、
 ご注文下さい。

【商品画像の色合いについて】

 商品画像の色合いは、商品本来の色合いに
 近い色になるよう調整していますが、ご覧
 になるモニターによっても色合いが変わり
 ます。ご心配のある場合は当店までお問い
 合わせください。


【生産国】ドイツ

【メーカー】KIENZLE

【製造年代】1950年代〜1960年代

【素材】本体:陶器 カバー:ガラス フレーム:真鍮

【サイズ】幅 22.5cm 高さ 21cm 奥行 4.8cm 

【重量】655グラム